徹底的にダイエットするなら肥満外来に行こう|確実で健康に痩せる

脳出血の危険を回避

脳

異常な血管が原因

脳の動脈と静脈の間が普通の毛細血管ではなく、異常な血管で繋がっている状態を脳動静脈奇形と呼んでいます。原因はよく分かっておらず、脳のどこにできるのかも一定していません。特に症状がないことも少なくありませんが、異常な血管は破れやすく、クモ膜下出血や脳内出血を起こしやすくなります。またけいれんやてんかんの原因にもなり、一度出血を起こすと再発しやすいのが特徴です。脳出血は通常のCTで診断できますが、脳動静脈奇形かどうかは血管造影剤を使って、専門の医師が調べないと診断できません。再発すると命にかかわることもあるので、もし脳出血があったら専門家のいるクリニックで、脳動静脈奇形の診断を受けることが大切です。

血管を塞いで治療

脳動静脈奇形と診断されたら、その部分を手術で摘出するのが基本的な治療法になります。特に若いうちは、将来の危険を予防する目的でも、早めに手術することが推奨されます。ただし高齢になるまで症状がなかった方は、無理に手術をしない場合もあります。手術は頭蓋骨を切り開く大手術になり、患部の大きさや位置によっては取り除くのが困難になります。手術が難しい場合は、放射線を使ったガンマナイフ治療で対応します。また血管内にカテーテルを挿入し、内側から接着して血管を塞ぐ治療法もあります。こうした治療法は体への負担が小さい点がメリットですが、脳動静脈奇形を完全には取り除けないことが多く、必要に応じて手術と組み合わせて治療します。